HOME    戻る

黒斑山ヨロヨロ登山レポート


 黒斑山に登るか否か迷いながら高峰高原に来ました。するとたくさんの登山者が浅間山に向けて出発しており、それを見て、やはり「黒斑山からの浅間山を見てみたい」という想いが大きくなり、黒斑山登山を決意、登山実行したレポートです。        
  ibaibaは20代の頃は、アルプス登山や冬山登山をしていましたが、その後、まったく登山していません。
不安を感じつつも
黒斑山に向け突撃~~



黒斑山登山レポート 
黒斑山登山表コース ◆高峰高原から黒斑山に登るルートは2つあります(表、中コース)
◆表コースは展望が良いが時間がかかります。中コースは森の中を進むコースです。
◆日焼け止めをたっぷり塗って、ミネラルウォーターを高原ホテルで買って、無謀にも表コースに突進するibaiba
◇登山日は2010.09.03 出発時間は高峰高原10:05
標準登山時間(登り)表コース:2時間、中コース:1時間50分
         (下り)表コース1時間20分、中コース:1時間10分

黒斑山遠景 小諸黒斑山遠景 ◆遠くに黒斑山が見えてきました。あそこまで・・・少し弱気になるibaiba

高峰高原ホテル遠景高峰高原ホテル遠景 ◆振り返ると、高峰高原ホテルが遠くに見えます。
◆「夢のありか」でも同様の構図で、高峰高原ホテルが描かれています。

◆ここまで2パーティを抜いて、楽勝?と順調に来ましたが、そろそろ体力的に厳しくなってきたibaiba

八ヶ岳 北アルプス八ヶ岳、北アルプス ◆景色は最高!!左のピークが八ヶ岳、右の山の奥に北アルプス
◆この写真には写っていませんが、富士山も見えました。

浅間山避難小屋浅間山避難小屋 ◆浅間山噴火時の非難小屋(シェルター)に到着。噴火したらこの鉄板の厚さでは・・・
◆噴火しないことを祈るibaiba

夢のありか 黒斑山「夢のありか」登場浅間山 ◆突然現れた浅間山!!こんな景色はいままでの登山で未経験。感激!!
◆ここで、日の出を見たら大感激まちがいなし。

◆ただし、ここはまだ黒斑山でなく、途中の「槍ヶ鞘」という所です。
◆槍ヶ鞘到着時刻は10:55

槍ヶ鞘からの眺め槍ヶ鞘から下を見る ◆下を見たらすごい崖。汗が引くibaiba

トーミの頭、黒斑山
◆槍ヶ鞘から見た「トーミの頭」。黒斑山はその奥.。ここから、行きに30分帰り20分
◆ibaibaはここで、勇気ある撤退決断を行う(体力的に限界だっただけ)

◆その後、ヨロヨロ下山を初め、高峰高原到着は12:10。「登りより時間かかっているやん」と自分でつっこむibaiba
◆その後、高峰高原ビジターセンターでランチ&コーヒーで生き返る。

◆ibaibaから一言。
黒斑山登山道は火山礫が多く、非常に滑りやすかったです。登山は十分な装備、情報を持って自己責任で登山を行ってくださいね。
  (新規作成2010.09.04、修正2010.10.17)

  ↑ページトップ

   Copyright(c) ibaiba All rights reserved.