HOME    戻る

すくらっぷ・ブックの舞台(小諸市内)

 小山田いくさんの作品「すくらっぷ・ブック」に登場する小諸駅、桜井カメラ店、ひのまん、ガスタンク、千曲川川原について
 紹介します。 


小諸駅 (こもろえき) 
 小諸駅が大きく変わります。駅舎併設複合交流センターが整備され、現在の駅舎は
 取り壊されます。
  
⇒駅舎併設複合交流センター建設は先送りが決まりました
                        
(広報こもろ2011年1月号より)
   理由は小諸市の将来の財政状況を心配する意見が多いためです。ただ中止で
  はないので、財政めどがたてば計画を実行するとのことです。

 個人的には、現在の駅舎がしばらく残ることになりうれしいです。整備するにしても
現在の駅舎の面影を残した設計に変更して欲しいです。多くの人に長年親しまれた
駅舎ですし・・・
  2011.06.04時点の情報

小諸駅 すくらっぷ・ブック 小諸小諸駅 ◆国鉄⇒JR⇒しなの鉄道と変わりましたが、建物は当時のままです。ただし、改札口等の位置の変更がありました。
◆しなの鉄道に変わり、交通量も少なくなりさびしくなりました。
◆駅建物内にあるレストラン「あさま」、営業されていました(2009.07
情報)
(写真撮影:2009.07.23)
(登場作品) すくらっぷ・ブック
 ①第17話「悲劇のヒロイン」 
 ②第66話「暁着3時31分」
 ③第93話「MAXIMUM」P5
 ④第98話「故郷を離るる歌」
 

 (H P) しなの鉄道
 

小諸駅 あさま すくらっぷ・ブック レスト喫茶 レストランあさま
◆2010.02.07レストラン「あさま」は営業されていませんでした。


(写真撮影:2010.02.07)

小諸駅 2番ホーム すくらっぷ・ブック小諸駅2番ホーム(東京方面) ◆小諸駅2番線ホームです。東京方面を望みます。
◆第17話で坂口光明が東京にカナちゃんを迎えに行く場面で登場します

(写真撮影:2009.07.23)
(登場作品) すくらっぷ・ブック
  ①第17話「悲劇のヒロイン」P13
  

小諸駅 2番ホーム すくらっぷ・ブック 小諸駅2番ホーム(長野方面) ◆小諸駅2番ホームです。長野方面を望みます。
◆98話で、青木理美が長野に行く市野清文を見送るホームです。

(写真撮影:2009.07.23)

(登場作品) すくらっぷ・ブック 
  ①第98話「故郷を離るる歌」
  
 

小諸駅 青木理美 すくらっぷ・ブック
雪が残る小諸駅2番ホーム(長野方面

◆雪が残る小諸駅2番ホーム。

(写真撮影:2010.02.07)

小諸駅 1番ホーム すくらっぷ・ブック 小諸駅1番ホーム ◆第66話で東北から小諸駅に帰ってきた3人を迎える場面です。
◆作品ではトイレの表示と、駅の柱(斜めのしま模様)が描かれています。
◆当時の出口は塞がれ、場所が変わっています。

◆奥はイチノと理美がキスをした場所と推測。


(写真撮影:2009.07.23)
(登場作品) すくらっぷ・ブック
  ①第66話「暁着3時31分」

 

小諸駅 貨物置き場横 すくらっぷ・ブック小諸駅 貨物置場横 ◆貨物置場の横です。


(写真撮影:2010.09.02)

小諸駅 貨物置場横 小山田いく小諸駅 貨物置場横2 ◆貨物置き場の横を反対方向から見ました。


(写真撮影:2010.09.02)

小諸駅 改札 すくらっぷ・ブック 小諸駅構内
◆駅改札を駅内部から撮影
(写真撮影:2009.07.23)

小諸駅 改札 すくらっぷ・ブック 小諸駅旧出口跡(駅外側)
◆現在の改札口


(写真撮影:2010.02.07)

小諸駅 トイレ すくらっぷ・ブック 小諸駅構内トイレ
◆駅構内トイレの位置は作品当時と変わっていません。
◆トイレの奥(掲示板がある所)にはかって手洗い場がありましたが、現在は撤去されています。

(写真撮影:2010.02.07)

小諸駅 すくらっぷ・ブック 日生香苗小諸駅旧出口跡(駅ホーム側) ◆国鉄当時の出口の場所です。現在は塞がれています。   
◆東京から帰った日生香苗、青木理美が使った出口を内側から見ています。
◆天井近くに当時の看板が残っています。少しさびしいですね。

(写真撮影:2009.07.23)
 (登場作品) すくらっぷ・ブック
   ①第17話「悲劇のヒロイン」 
   ②第66話「暁着3時31分」

小諸駅 旧出口 すくらっぷ・ブック 小諸駅旧出口跡(駅外側)
◆出口上面の看板拡大です。作品当時の看板です。


(写真撮影:2010.02.07)

小諸駅 日生香苗 青木理美小諸駅旧出口跡(駅外側)
◆ここから、日生香苗、青木理美が出てきたのですね。


(写真撮影:2010.02.07))

暁着3時31分 小諸夜景 すくらっぷ・ブック小諸夜景 ◆暁着3時31分で晴ボンたちが見た見た「浅間山に向かってせりあがる光のつながり」はこんな感じでしょうか?

(写真撮影:2009.07.23)
(登場作品) すくらっぷ・ブック
 ①第66話「暁着3時31分」 
  
  (新規作成2009.07、修正2010.07)

小諸駅周辺 (こもろえき しゅうへん) 
小諸駅周辺 商店街小諸駅から商店街 ◆第17話で、日生香苗が小諸駅から駅前商店街に走っていく場所です◆作品に描かれている、角の喫茶店、おみやげ屋さんも健在です。 

(写真撮影:2009.07.23)
(登場作品) すくらっぷ・ブック
  ①第17話「悲劇のヒロイン」P15 
 
  

小諸駅周辺 日生香苗 すくらっぷ・ブック雪が残る駅前
◆雪が残る駅前

(写真撮影:2010.02.07)

小諸駅前周辺 すくらっぷ・ブック雪が残る駅前2 ◆雪が残る駅前

(写真撮影:2010.02.07)

小諸駅周辺 ホーム すくらっぷ・ブック小諸駅ホーム ◆日生香苗、青木理美が東京から小諸駅に戻った後、帰宅する場面で描かれている場面(小諸駅ホームを外部から望む)です。
◆フェンス越しにホームを見えるのは此処だと考えます。
◆駅隣接駐車場から撮影しました。
◆残念ながら、作品に描かれている駅名掲示板は撤去されていました。
(写真撮影:2009.07.23)
(登場作品) すくらっぷ・ブック
    ①第17話「悲劇のヒロイン」P16 
 
 
 (新規作成2009.07、修正2010.02) 

桜井カメラ店 (さくらい かめらてん)
桜井カメラ店 小諸 すくらっぷ・ブック桜井カメラ店
◆七夕祭りの時、マッキーが壊したカメラの修理を依頼したお店です。 
◆クラスメート桜井光代の自宅兼店舗。実際の名称は桜井写真商会です。
◇作品では左隣に喫茶店「ひいらぎ 小諸店」が描かれています。実際は「いなげ屋」がありましたが、現在は空き地です。

(写真撮影:2009.07.23)
 

(登場作品) すくらっぷ・ブック 
  ①第15話「機織る乙女」
 
(住 所) 〒348-0031  長野県小諸市大手1-5-17
(H P) 桜井カメラ店
(アクセス)小諸駅から徒歩3分 

 

小諸 いなげ屋いなげ屋 ◆「いなげ屋」があった証拠です。


(写真撮影:2010.11.20)
  

小諸 桜井カメラ店 すくらっぷ・ブック 桜井光代冬の桜井カメラ店 ◆桜井カメラ店のHPに、桜井光代さんの写真展開催についての情報が掲載されています。
◆中学時代の夢(写真家)を実現、活躍されています。やはり風景写真専門でしょうか?
◆桜井光代さんは、広報こもろ2008年5月号の「甦る小諸城大手門」に写真掲載、及び御本人も登場されています。

     公報こもろ2008年5月号 甦る小諸城大手門(pdfファイル3Mb)

◆写真は、雪が残る桜井カメラ店。

(写真撮影:2010.02.07)
  

秋の桜井カメラ店秋の桜井カメラ店 ◆晩秋の桜井カメラ店。菊の花がきれいでした。
◆建物は昭和初期(国道開通した昭和10年?)の建築。レトロな雰囲気。


(写真撮影:2010.11.20)
  

夜の桜井カメラ店夜の桜井カメラ店 ◆夜の桜井カメラ店です。作品に登場したのは七夕の夜でしたね。


(写真撮影:2010.09.01)
  

さくらいカメラ店 看板桜井カメラ店広告看板 ◇桜井カメラ店の広告看板。横に書かれている栗林時計店は桜井カメラ店の2件隣のお店(いなげ屋の隣)でした(現在は空き地)

(写真撮影:2010.09.01)
  
 (新規作成2009.07、修正2011.06.18)

ひのまん
ひのまん すくらっぷ・ブック 小諸画材販売店ひのまん(しのまん) ◆クラス担任の正木義明先生が、夏休みに油絵の具を購入した店です  オーロラピンク、ブルーコンポーゼローアンバー・・・  
◆小山田いくさんも、スクリーントーン購入?

(写真撮影:2009.07.23)
(登場作品)すくらっぷ・ブック
  ①第18話「妖精館」2P
(住 所)長野県小諸市与良町1-3
(アクセス) 小諸駅から徒歩15分
 

しのまん 小諸 すくらっぷ・ブック雪が残るひのまん(しのまん)
◆雪が残るひのまん(しのまん)

(写真撮影:2010.02.07)
 

ひのまん すくらっぷ・ブック
ひのまん(しのまん)

◆正木先生は、店を出て右方向に歩いています。(写真では左側)その後、妖精館に着くことから、妖精館は与良町?

  ⇒詳しくは「すくらっぷ・ブックの
   舞台(推定)に記載しています

(写真撮影:2009.07.23)
 

ひのまん 画材 小諸雪が残るひのまん
◆雪が残るひのまん(しのまん)

(写真撮影:2010.02.07)
 

ひのまん マークひのまんマーク
◆ひのまん(しのまん)マーク

(写真撮影:2010.09.02)
 
  (新規作成2009.07、修正2010.09.04)

ひのまん 2
ひのまん 小諸画材販売店ひのまん(しのまん)2 ◆小諸にはひのまん(しのまん)が2件ありました。こちらは事務機販売の店舗のようです。

(写真撮影:2010.09.02)
(登場作品)すくらっぷ・ブック
  ①第18話「妖精館」2P
(住 所)長野県小諸市与良町1-3
(アクセス) 小諸駅から徒歩15分
 

しのまん 看板ひのまん(しのまん)2
◆作品に描かれている店舗は、こちらの方が似ている様な気がします。

(写真撮影:2010.09.02)
 

ほのまん マークひのまん(しのまん)
◆マークはいっしょですね。

(写真撮影:2009.09.02)
 
  (新規作成2010.09.04、修正)

ガスタンク (がすたんく)
ガスタンク すくらっぷ・ブック 小諸長野都市ガスのガスタンク ◆小山田いく作品の小諸風景には、ガスタンク(整圧所)が何回か登場します。
◆ガスタンクは長野都市ガス小諸支社の所有です。
◆特徴的な形のため、遠方からでもよく確認できます(高峰高原から等)
◆住宅の中に突然ガスタンクが現れる光景はちょっと驚きです。 
◆タンクの中身は天然ガスだそうです。

(写真撮影:2009.07.23)
(登場作品) すくらっぷ・ブック
  ①第42話「雪のエアポート」9P 
  ②特別編「夢のありか」


長野都市ガスHP
 
    長野都市ガス 
 

秋のガスタンク秋のガスタンク
 ◆秋景色の中のガスタンク。稲穂、手前はりんごです。

(写真撮影:2010.09.02)

長野都市ガス ガスタンク 小諸 雪景色のガスタンク
 ◆雪景色の中のガスタンク。

(写真撮影:2010.02.06)

ガスタンク 小山田いく すくらっぷ・ブック 雪の積もったガスタンク
 ◆雪の積もったガスタンクです。

(写真撮影:2010.02.07)

長野都市ガス 小諸支社
長野都市ガスの看板

◆作品が描かれた当時は、県営のガス事業でした。2005年東京ガスに譲渡。2006年東京ガスから長野都市ガスに分離しました。

(写真撮影:2009.07.23)
  (新規作成2009.07、修正2010.09.04)

千曲川川原 (ちくまがわ かわら)
千曲川川原 すくらっぷ・ブック千曲川川原 ◆千曲川の川原です。第4話の美術授業でスケッチを行った場所です。
◆第50話で坂口光明と桜井光代が話しをした場所です。
◆東京電力西浦ダムの下流にあります。 
(写真撮影:2009.07.23)

(登場作品)
すくらっぷ・ブック
 ①第4話「クマと木もれ日」 
 ②第50話「1年目のアングル」
  
 

千曲川 川原 スケッチ すくらっぷ・ブック 千曲川川原  ◆晴ボンたちは何処でスケッチしたのでしょうか?

(写真撮影:2009.07.23)

西浦ダム 小諸 すくらっぷ・ブック東京電力西浦ダム
◆東京電力所有、発電用の西浦(にしうら)ダムです。
◆高さ14.2mの重力式コンクリートダム。 
◆釣りをされている姿をよく見かけます。

(写真撮影:2009.07.23)

西浦ダム すくらっぷ・ブック 小諸川原遠景
◆西浦ダムから見た千曲川川原です。
◆川原に車が見えますが、車両乗り入れ可能です。

(写真撮影:2009.07.23)

すくらっぷ・ブック すけっち 川原 川原へ向かう風景(その1)
◆芦ノ原中学校から、千曲川川原へ向かう途中の風景です(その1)
◆道の近くに墓場が多く、きもだめしには最適の場所です。


(写真撮影:2009.07.23)

千曲川 川原 すくらっぷ・ブック川原に向かう風景(その2)
◆芦ノ原中学校から、千曲川川原へ向かう途中の景色です(その2)

(写真撮影:2009.07.23)

千曲川川原 スケッチ 芦ノ原中学川原へ向かう風景(その3)
◆芦ノ原中学校から、千曲川川原へ向かう途中の景色です(その3)

(写真撮影:2009.07.23)
(新規作成2009.07、修正2010.02)

  ↑ページトップ

   Copyright(c) ibaiba All rights reserved.