HOME    戻る
すくらっぷ・ブックの舞台(市民グラウンド)
 小山田いくさんの作品「すくらっぷ・ブック」に登場する市民グラウンドを紹介するページです。
すくらっぷ・ブック 市民グラウンド 小諸

市民グラウンド (しみん ぐらうんど)

すくらっぷ・ブック第99話で登場する市民グラウンドの場所について推測した結果を紹介します。

◆すくらっぷ・ブックに登場する市民グラウンドにはフェンスが印象深く描かれています。また背景にはなだらかな山(おそらく烏帽子岳)が描かれています。
◆検討対象は一般市民が使用できる屋外グラウンドとし、学校や団体所有物件は対象外としました。
◆検討対象物件を示します。

   ①小諸市総合運動場(天池総合運動場) :小諸市己2-173
   ②南城公園                   :小諸市甲1856
   ③市営野球場                 :小諸市御幸町1-8
   ④乙女湖公園                 :小諸市甲1273

◆作品から場所を推測する条件を示します。

   A.グラウンドの背景には、なだらかな山(形からたぶん烏帽子岳)が見える。
   B.グラウンドの一部にフェンスがある。 
   C.グラウンドの横には道路が通っている。⇒柏木晴が帰る場面で、ガードレールと標識が見えます。
   D.ビフロストの階段がある。
   E.虹の橋を作る水道蛇口、ホースがある。

◆この条件を一番満たしているのは、①天池総合運動場でした。ただし、D.のビフロストの階段のみは確認できませんでした。
◆天池総合グラウンドは、小諸中心部から遠く、初めは違うと考えていましたが、現地を訪問すると作品に描かれているイメージに非常に近い感じを受けました。
◆小山田いくさんは、この場所をイメージして描かれたのではないかと推測しました。

◆市民グラウンドの航空写真は、下記参照願います。

   


すくらっぷ・ブック 市民グラウンド フェンス市民グラウンドとフェンス ◆小諸市総合運動場(天池総合運動場)です。           ◆競技場の一部には作品に登場するフェンスが存在しました。 ◆グラウンドからは作品と同じ烏帽子岳がグラウンドからよく見えました。

(写真撮影:2009.07.22)

市民グラウンド 烏帽子岳市民グラウンドとフェンス ◆フェンスと烏帽子岳。

(写真撮影:2010.09.03)

小諸 すくらっぷ・ブック フェンス市民グラウンドとフェンス ◆とてもきれいなグラウンドです。

(写真撮影:2009.07.24)

すくらっぷ・ブック 烏帽子岳 市民グラウンド市民グラウンドと烏帽子岳 ◆小諸市総合運動場(天池総合運動場)は、陸上競技場、サッカー場、野球場、ゲートボール場からなる大規模な総合運動場です。
◆開設期間は4月から11月中旬です。

(写真撮影:2009.07.22)

小諸 市民グラウンド 浅間山市民グラウンドと浅間山 ◆市民グラウンドから、浅間山が近くに見えます。

(写真撮影:2009.07.22)

ビフロストの階段 すくらっぷ・ブック 小諸
市民グラウンドの水道栓
◆ビフロストの虹を作るための水道蛇口は各所で確認できました。     ◆ただし、残念ながらビフロストの階段は確認できませんでした。

(写真撮影:2009.07.22)

すくらっぷ・ブック 市民グラウンド市民グラウンド看板 (登場作品)すくらっぷ・ブック
   ①第99話「千百回 日は昇り」

(写真撮影:2009.07.22)
 (住所)小諸市己2-173
(アクセス)小諸ICから7Km 車で10分

市民グラウンド すくらっぷ・ブック 道路市民グラウンド横の道路 ◆本グラウンド横には1本の道が通っています。              ◆ただし、ガードレール、標識は確認できませんでした。

(写真撮影:2009.07.22)

小諸総合運動場駐車場市民グラウンド駐車場 ◆市民グラウンド(天池総合運動場)駐車場

(写真撮影:2009.07.22)
  (新規作成2009.07、修正2010.02)

  ↑ページトップ

   Copyright(c) ibaiba All rights reserved.